鍵をなくした人向け情報局

鍵を無くしたら、合鍵を作る方法が1番いい

家やマンションには、必ず戸締り用の「鍵」が付いています。しかし、鍵を無くしたり失う事もあるはずです。この行為に遭遇すると、家に入れなくなり大変です。まず、無くしたと思った場合、もう一度冷静に振り返ります。会社、服のポケット、カバンの中、車の中など、確認する事が大事です。そして、鍵を本当に無くしたと認識すれば、「合鍵」を作る行動をしましょう。

鍵を無くしたら、持ち物に合わせた対応をしよう

鍵は、いろんな場所で利用される大事な存在です。もしなかったら、犯罪に巻き込まれる可能性が高くなります。自転車、車、家など、複数の鍵がありますが、無くした場合、それぞれ対応が異なります。例えば、マンションに住んでいて賃貸として借りているなら、大家や管理会社、不動産会社に電話をして伝えると良いです。予備の合鍵を持っているケースがあるので、借りてから合鍵を作るようにします。また、無くした人は、家の中に予備の鍵があるケースなどで助かるはずです。賃貸の場合、勝手にドアノブを交換したりは出来ないので注意が必要です。

合鍵は、1個も無くても作れる

自分の家の鍵を無くしたと確信したら、電話で「鍵の専門業者」などに問い合わせをします。街の中には、店があり住所を伝えれば、駆け付けてくれます。無くした鍵の状態を確認するため、ドアノブなどをチェックをするはずです。そして、プロの業者は、鍵穴の形状を調べた後、その場で合鍵を作ってくれます。時間は、約30分から1時間ぐらいになります。もし、2個欲しい場合でも伝えれば作ってくれるはずです。また、合鍵の複製は、1個もなくても可能になります。ドアノブの鍵穴から、メーカーを把握して鍵のタイプから複製して行きます。

合鍵の値段は、複製時間によって異なる

合鍵を作る場合、気になるのが「料金」です。予備の鍵が1個ある場合、作る事が比較的簡単なので「1000円~3000円」ぐらいになります。出張代と複製代を合わせると、数千円を考えると良いです。しかし、鍵が1個もない状態で1から作るケースでは、料金も高くなります。例えば、家までの時間に「30分」かかり鍵の複製にも「30分」かかった場合では、料金は、「1万5千円」以上になります。また、鍵の形状によって複雑なケースもあり料金も変わってくるはずです。車なら、「電子キー」の複製では、時間もかかるため事前に鍵の業者に問い合わせて置くと良いでしょう。

合鍵は、作って置くと安心

鍵は、通常2個ある家庭がほとんどになります。車や自転車も購入時、2個渡されるはずです。しかし、鍵を無くした場合の事を考えると、もう一個ある方が安心です。予備があれば、困る事がなくなり遭遇した場合助かります。合鍵の複製にかかる時間は、短く休日を利用するのも良いでしょう。また、家に来てもらう必要もなく直接鍵の店に行って作ってもらう事も出来ます。

公開日: