鍵をなくした人向け情報局

賃貸物件の家の鍵を無くした時に最初にすべきことは管理会社への連絡

アパートやマンション住まいをしていて、玄関ドアの鍵を無くして家の中に入れない、予想もしない事態に慌ててしまうのは当然です。もちろん一生懸命に探しますが、見つからない、どこに落としたのかもわからない、そのような場合には、なにをするのが最善でしょうか。無理やり別の似たような鍵で開かないかどうか試したりしてもまず開かないでしょう。冷静に対処することが大切になります。

鍵を無くしたことを管理会社に連絡する

玄関ドアの鍵を無くしてしまったことを、管理会社に連絡をすることが最初にすべきことです。管理会社が指示を出してくれるでしょうし、親切な業会社であれば玄関前まで持ってきてくれるかもしれません。その指示にしたがって行動すればよいので、あまり複雑な問題にはなりません。ただ警察に遺失物の届け出を出すことも忘れないようにしましょう。誰かが落とし物を拾い届けてくれることがあるので、すでにその鍵が届いているという可能性もあります。届け出を出すときには、鍵の特徴がわかるように、できるだけ詳しく説明することや、落としたかもしれない場所、キーホルダーが付いていれば、そうしたものも伝えるようにすることは大切です。

鍵を無くしたが自分で対処しなければならないとき

管理会社が対応してくれない、連絡がつかない、休日や深夜である、このような場合には、自分で対処をすることが求められてくることがあります。この場合には、鍵屋を探して緊急で対応してもらうという選択をすることになるでしょう。鍵開け業者は、深夜でも休日でも駆けつけることができる体制を整えていますので、多くの場合対応してもらえるでしょう。鍵開けそのものは、スキルと道具があるので早いですが、複製をするとなると決して安くはありません。また時間外の料金、出張費、などがかかり、見積もりが高いのでキャンセルしても、キャンセル料が発生し、それが高額なこともあります。鍵屋選びは重要であり焦る気持ちを抑えて、2-3社くらい探して金額や業者の対応、見積もりが無料かどうか、比較して良心的な鍵開け業者を選ぶようにしましょう。

鍵を無くした状況で他に考えるべきこと

鍵を無くした、でも管理会社が対応してくれた、あるいは自分で鍵開け業者を呼んで開けてもらったので、これで解決と思いたいですが、自宅の鍵は紛失したままであり、それを拾った人がもし自分の跡をつけていたとしたら泥棒に入られる、また女性の一人暮らしであれば不安ではないでしょうか。合鍵があったとしても、こうした不安を生じさせることになるため、早めに鍵を交換することができるでしょう。その点で大家や管理会社に相談することができます。また、契約内容によっては火災保険により補償がカバーされているという場合もあるため、そうした保険内容を確認してみることもできるでしょう。

まとめ

鍵を無くしたときは、まず最初に管理会社あるいは大家に連絡をすること、その次に警察に遺失物の届け出を出すこと、そして対応を自分でしなければならない場合には、優良の鍵開けの業者に依頼することができます。鍵は無くさないにこしたことはありませんが、万が一無くしてしまっても対処の方法はあるので、焦らずに冷静に行動することが大切です。

公開日: