鍵をなくした人向け情報局

スーツケースの鍵をなくしたときの冷静な対処法

スーツケースの鍵をなくしたらしゃれになりません。旅行先での場合、ホテルに到着しても着替えができない、スマホの充電器もその中に入っている可能性があります。旅行先から帰ってきた場合でも、鍵がないためにスーツケースが開けられないと、お土産が出せない、汚れた服がそのまま入っているなど、気持ちの良いものではありません。貴重品を入れてしまった、そんなこともあるでしょう。ではどうすればいいでしょうか。

最初にすべきことは冷静にスーツケースの鍵を探すこと

まず最初にすべきことは、冷静になってどこで鍵をなくしたのかを追跡し見つけ出すことです。すぐに諦めてはなりません。ポケットやショルダーバッグ、ポーチ、自動車の中、可能性のあるところはどこでも探しましょう。自分がある程度納得できるまで、探せるところは探すという姿勢で、注意深く探していきます。意外なところに、それもこんなに近くにあった、実は服の中にあった、そんなことはよくあるものです。冷静に考えるとどこでなくしたのか想像し、ここにあるかもしれない、と幾つか思い当たる場所が見つかるかもしれません。ですがそれでも見つからない場合には、次の方法を検討することができるかもしれません。

鍵開けの業者を呼ぶかそれとも新品を購入してしまう

どうしても鍵が見つからない場合には、もしそのスーツケースが高価なものではない、あるいは使い古しているのであれば、新しいものを購入してしまうのも1つの方法です。というのは鍵開けの業者に依頼すると、新しいスーツケースが購入できてしまうほど費用が高い場合があるからです。その選択をした場合には、スーツケースは力づくで壊して開けるということになります。カッターやマイナスドライバーなどでこじ開けのための工具を使って壊すという荒技になりますが、結果としてはスーツケースを新しくしたということで納得できるかもしれません。一方で鍵開けの業者を呼ぶことにした場合には、スマホで検索し、早めに駆けつけてくれる業者に依頼できるでしょう。ただある程度の費用を覚悟しなければならないですし、作業はあっという間ですが、出張費、技術料が高いです。

スーツケースの鍵をなくしたときのための備え

誰でも鍵をなくすことは一生に一度や二度はあるものです。スーツケースの鍵を無くしてしまう場合のことを考えて、鍵は1つにするのではなくスペアーキーを別の場所に持つようにすることや、スーツケースそのものに鍵をかける必要があるようなものを入れないことでそもそも鍵をかけないようにすること、また鍵をなくさないために、鍵を入れるところを意識するようにします。そして信頼できる業者を知っているのであればすぐに依頼できるようにスマホに電話番号を登録しておくこともできるでしょう。スーツケースの鍵のトラブルを避けたいのであれば、レンタルスーツケースを活用するのも1つの方法です。

まとめ

スーツケースの鍵は、普段はあまり使わないのに、たまたま使ったことでその鍵をなくしてしまったというケースもあります。いずれにしても、鍵を一生懸命に探すこと、それでも見つからない場合には、鍵開けの業者に依頼するか、あるいはそのスーツケースを諦めて、壊してこじ開け、新品のスーツケースを購入するか、を決めることができるでしょう。

公開日: