鍵をなくした人向け情報局

オートロックの鍵を無くしたときにそれを開ける方法と手順

住んでいるアパートやマンションがオートロックで、しかもそのカギを無くしてしまった、この場合はとても厄介です。強固な防犯設備の1つであるオートロックは居住者を守るためのものですので、その鍵がないといわば部外者のような立場に一時的に置かれてしまうことになります。オートロックの鍵を無くした場合には、どのように思慮深く行動することができるでしょうか。

オートロックの鍵を無くしたときに開ける方法

オートロックの鍵を無くしてしまった場合に、開ける方法は鍵を何としても探すということです。どこかにはあるはずであり、落とした可能性が考えられるのであれば、真剣に諦めず可能性のあるところは全部探し続けます。それで見つかるのであれば鍵で開けることができます。ですが見つからない場合には、管理会社に問い合わせるのはベストな方法で勝手に行動しないことです。というのは、鍵を無くしたという個人の失敗とはいえ、マンションの住人皆を危険にさらすという状況が生じるかもしれないからです。そして警察にも届けを出すようにしましょう。警察に届けることで、後日見つかるケースがありますので、面倒なことと後回しにせずにすぐに報告することが大切です。管理会社はマスターキーなどを利用して、とりあえず開けるように助けてくれるかもしれません。

オートロックの鍵を無くしたが自分で対処が必要な時

管理会社との連絡が取れない、でも鍵がないと入れない、こうした場合には鍵開けの業者に依頼する必要が生じてきます。ただこの場合注意すべきことは、鍵を交換するということはしないということです。あくまで鍵を開けてもらうだけにして、それ以外ことは、管理会社と相談しなければなりません。マンションの住人すべてに関係してくる部分、共用部分ですので、勝手に交換は契約の違反として問題になる可能性があります。勝手な判断はできないということを理解しておく必要があります。最悪の場合には、全部の鍵を交換するというややこしい事態に発展する可能性もあるため、注意するべきなのです。その鍵がオートロックと玄関ドアの鍵と同じものなのか、それとも別のものかによっても変わってきます。いずれにしてもできるだけ早く管理会社と連絡をつけ指示を仰ぐようにしましょう。

オートロックの鍵を無くさないための方法

オートロックはセキュリティを高めるためのものであり、集合キー方式やカードキー方式、指紋認証、暗証番号式といったものがあります。どのタイプの鍵を無くしたのかでも対応は変わります。どのタイプだったとしても基本自己負担になることが多いため、そして特殊な鍵のため高額になるのを覚悟しなければなりません。無くさないためには、キーホルダーと鍵を一緒につけること、鈴などを一緒につける、またチェーンが伸びて鍵を落とせないタイプのものもあります。可能であればスペアーキーを作っておくことも検討できるかもしれません。オートロックの鍵を無くすとややこしいことになり、共用部分に関わることだという認識を持つことがなによりも大切です。

まとめ

オートロックの鍵を無くすと、そのマンション居住者すべてが影響を受け、セキュリティ上問題が生じるという認識を持つこと、そしてそれが起きてしまった場合には、管理会社にできるだけ早く連絡し指示を仰ぐこと、警察に届け出ること、勝手に鍵を交換しないこと、絶対に無くさないという意識を持つことで、事前に対処していく姿勢を持つようにしましょう。

公開日: