鍵をなくした人向け情報局

家や車の鍵を無くした!新しい鍵は鍵屋に作ってもらえる?

鍵は小さいので、知らない間に落として紛失してしまうことも珍しくはありません。しかし、大事な鍵を紛失して鍵が開けられない時は、不安でいっぱいな気持ちになるものです。いざという時のため、鍵を紛失した時の対処法を知っておくと安心です。鍵を無くした時にすべきこと、鍵屋を呼べば安心なことについて説明していきます。

無くした鍵は業者に作ってもらえる

家や車などの鍵をなくし、探しても鍵が見つからない、スペアキーがない、という事態は、鍵屋に依頼して鍵を作ってもらうことで解決できます。鍵がなくても心配いりません。錠前技師は鍵穴を見れば、その鍵穴に合った鍵を複製することができます。特に家の鍵に多いギザギザしたタイプは、プロの鍵屋ならすぐ作ることが可能です。鍵屋はたいてい、どのようなタイプの鍵も複製します。ただし古いタイプの特殊な鍵、イモビライザーが搭載されている車の鍵などは、鍵屋で作成することが難しかったり、別途の料金が追加されたりする場合があります。まずは相談してみるのが良く、カギ交換修理の緊急センター119はとても対応が良いと評判です。

まずは鍵を探して届出を

大切な鍵を紛失した時はパニックになりがちですが、落ち着いて必要な工程を取りましょう。鍵屋に鍵を作ってもらう前に、まずはもう一度心当たりのある場所をよく探してみます。立ち寄った場所で落とし、鍵を拾った人が届出をしていることも多いので、サービスカウンターなどに問い合わせてみると案外見つかることがあるものです。また、賃貸物件の鍵、勤務先の鍵などは紛失した旨を管理元に連絡することも忘れてはいけません。マスターキーで開錠してもらえることがあります。交番にも紛失届を出しておきましょう。落とした鍵は、交番に拾い物の届出がしてあることも多いからです。それでも鍵が見つからずお困りの場合は、鍵屋に連絡して鍵を複製してもらいましょう。

急いでいる場合はすぐ業者に依頼を

連絡する場所がなく、鍵がなければどうにもならない場合は、すぐ鍵屋を呼んで鍵を作ってもらいます。どこに連絡すればよいかわからない場合はネットで鍵屋を検索し、出張が可能な業者を見つけて連絡するとよいでしょう。24時間365日体制で連絡を受け付けている鍵屋もあるので、夜に家に入れなくなった場合も安心です。鍵屋を呼ぶ場合は、良心的で信頼できる業者を選ぶことは大切です。住所や電話番号が明記されている所、口コミの評判が良い所を選びましょう。また、万が一の紛失時に慌てないためにも、ロッカーやデスクの引き出しなどの鍵はあらかじめ鍵屋に依頼して合鍵を作製しておくと安心です。

まとめ

鍵を無くした場合ででも、連絡をしてマスターキーを持っている人に開けてもらうか、鍵屋に鍵を複製してもらえば、すぐに鍵を開けることができます。まずはもう一度鍵をよく探し、それでも鍵がなければ鍵屋に連絡をしましょう。鍵を無くしたらとても不安な気持ちになるものですが、もう鍵が開けられなくなる、ということはありません。慌てずに適切な対処を取りましょう。

公開日: