後悔しない賃貸住まいの選び方

集合住宅住まいでは駐輪場の幅を見ておく

後悔しない賃貸住まいの選び方
自転車においては、2人乗りは禁止されています。
ですから街中で乗っていれば警察官に注意されることになります。
2人乗りと言うのは非常に不安定です。
大人と言いますと男性だと60キロ以上あるでしょうし、女性で軽い人でも40キロ以上はあるでしょう。
その重さとなりますから普通に運転できないのは当たり前ということです。
では2人乗りがすべて禁止されているかといいますとそうではないということです。
認められていることもあります。

それは、大人と子供と言う場合です。
子供を後ろに乗せたり、前に乗せたりと言う光景を見ると思います。
これも2人乗りになりますが、この場合は認められているということです。
さらに3人乗りが認められることがあるということです。
2人の子供がいるとき、後ろに1人、前に1人乗せることが出来るものです。
こちらの場合は、3人乗り用に作られた特別の自転車でないといけないということです。
重心が低めで、安定しているのが特徴です。

ただし、この場合自転車の幅が広くなることがあります。
集合住宅住まいと言う場合、自転車は敷地内の駐輪場に置くことになると思います。
そのままおくタイプであればよいですが、レール式の場合、一定の幅を超える自転車は置くことができないことがあります。
端などであれば置くことができることもありますが、真ん中のあたりだと難しいということです。
管理人さんと相談をするか、自転車を買い換えることも考える必要が出てきます。

おすすめ情報