後悔しない賃貸住まいの選び方

住まいの駐輪場とマンションについて

後悔しない賃貸住まいの選び方
自分の住まいがもしもマンションの場合には、駐輪場に自転車を止める時に、次のような注意が必要です。
それは、しっかりと、許可を取るというものです。
マンションの場合には、不特定多数の人が利用するため、許可を取った自転車以外の自転車は定期的に処分をすることがあるようです。
なぜならば、そのようにしないと、不法投棄の自転車などが溜まってしまい、そのマンションで暮らす方たちが快適に過ごすことができないからです。
マンションの駐輪場を利用するのの許可は、マンション入居時に不動産に問い合わせをすることで、どのような手続きをすればよいのか、それとも今すぐに、その手続きをすることができるのかということを教えてくれます。
たいていの場合、手続きをした自転車には、そのマンションの管理番号が書かれたシールを貼らなくてはいけない義務が発生します。
マンションの管理者に、駐輪場に自転車を置くことを伝えても、しっかりとシールを貼っておかないと、撤去の対象になってしまいます。

また、マンションによっては、定期的にシールの更新をしなくてはいけない場所もあるようです。
例えば、既に退去してしまった人が、そのまま自転車のみを駐輪場においていってしまう場合もあるので、現在マンションに住んでいる人の自転車なのか、それとも、既に退去してしまった肩の自転車あのかということを知るために、このような制度をとっている場所もあるようです。
もしよかったら参考にしてください。