後悔しない賃貸住まいの選び方

駐輪場が付いている住まいは一杯です。

後悔しない賃貸住まいの選び方
自転車に止めるのが駐輪場、自動車に止めるのが駐車場です。
私は住まいがありますが、それは駐輪場があればいいのです。
特に自転車を止める場所がある事に注目しています。
駐輪場と駐車場、どのように違うか?自分の家だったらお金が入りません。駐車場だったら、車の維持費、保険料、さらに駐車場料金が求められます。
駐輪場は特に、一軒家だったらその中に止めるだけ、料金は掛かりません。自転車は小さいですから、それによってビジネスになる事もあります。
自転車は今、時代に合わせてドンドン取り締まりが厳しくなっています。
それもあって、自転車の違法駐輪が減っていますが、まだまだ完璧ではありません。自転車も違法駐輪があれば、無条件撤去されています。
それくらい厳しいのです。
住まいだったら、家によって止め方も重要になります。
アパートやマンションなど集合住宅ならば、皆で使い易くします。
一軒家ならば、迷惑な止め方さえしなければ、しっかり止めていれば罪に問われません。住まいを確保する事、それが何よりも重要です。
駐輪場よりも駐車場の方がお金は掛かります。

住まいは確保する、何の目的ですか?生活環境が一変しないように、押さえておきたいのです。
駐輪場は何処にもありますが、駐車場は料金を支払わなければなりません。住まいの事で、色々と悩みがあるかもしれません。車を維持する、自転車の場合は維持費は要りません。購入したら、それまでです。
自動車はそんなわけにいきません。保険もあります。